ホーム / ニュース

携帯電話の充電ポートの多くの種類があります。

何年も携帯電話を使用した後、あなたは彼らの充電インターフェイスの科学的な名前を知っていますか?無意識の自己意識は3秒間壁に面している


携帯電話の充電ポートの3つの主要な種類があります、古いマイクロUSB、後のタイプCとアップルの排他的な雷のポート。その前に、携帯電話の課金インターフェースは進化して、沈殿し続けました、そして、最終的に3足の状況を作りました。来て来て、一緒にあなたの年齢を公開し、迅速にそれらの年で使用している携帯電話の充電ポートを主張しましょう。


循環インタフェース


最も初期の充電ポートは丸かったです、そして、ノキア電話は方法を導きました。この円形のインターフェイスは、大規模または小規模にすることができますし、プラグインでアンプラグドすることができます。しかし、このインターフェースの単一の機能のため、それらの大部分は課金して、ファイルを移すことができません。円形の設計と組み合わせることで、長期的なプラグアンドアンプラグングプロセスでは、ルーズなインターフェイスや不良な接触などの問題が発生しやすいので、円形のインターフェイスは徐々に携帯電話から消えてしまった。


古いスタイルの長いフラットワイドインターフェイス


古い長い、フラットとワイドインターフェイスは主に携帯電話のサムスンのanycallシリーズで使用されます。それは、独自の携帯電話のサムスンによって排他的にカスタマイズされたインターフェイスのタイプです。現在ほとんど絶滅している。


iPhone 4 Sシリーズのデバイスには、最も早いiPhoneは、すべての30、フラット、ワイド形、ワイド形である30ピンのドックインターフェイスを使用します。このようなインターフェースは、バルクで、伝送速度が悪いので、非常に互換性がなく、開いていません。


ミニUSBインタフェース


このインターフェースはミニ・USBとも呼ばれ、T字型で小型であり、優れたアンチ・プラグ機能を有する。多くの携帯電話はもはや使用されていないが、いくつかのモバイルハードディスク、デジタルカメラ、携帯電話、モバイルPOSマシン、およびPSPゲームコンソールはまだ使用されています。結局、彼らは小さい。


マイクロUSBインタフェース


マイクロUSBインターフェースはUSB USBの次世代仕様です。0標準、USB 1と互換性があります。1とUSB 2.0。それはミニUSBより小さいです、より速い移動速度を持って、生命と強さを詰め込むことの最高10000回を持っています、しかし、それは一方の側に接続されることができるだけです。現在主流の旗艦携帯電話のほとんどは、このインターフェイスを放棄している100元と1000元で価格のいくつかのスマートフォンだけがまだ使用されています。


ライトニングコネクタ


iPhoneの5から始まると、Appleは、より多くの機能が小さく、新しい稲妻のインターフェイスに置き換えている正と負の挿入をサポートしています。このインターフェースは2.4 Aの電流容量をサポートし、伝送速度はUSB 2にある。0標準。標準は少し低いですが、実際のパフォーマンスと経験は非常に良いです、それは現在、iPhoneの標準的なインターフェイスです。


インターフェース


マイクロUSBの後、Type - CはAndroidスマートフォンで広く使われるもう一つのインターフェースタイプです。Type - CインターフェースはNokia N 1に初めて登場し、2015年にアップルMacBookで使用されました。最初に食べるカニは、レフスーパーフォン1でした。今日、タイプCインターフェースはHuawei、Xiaomi、およびOPPOのような主要なブランドの旗艦携帯電話の標準的なインターフェースになりました、そして、それは将来有望です。


なぜ主要な携帯電話のブランドは、タイプCのインターフェイスに熱心ですか?これは、優れたパフォーマンスと経験を誇る必要があります。


薄くて、モバイルデバイスの薄くて軽いデザイン要件にケータリングして、正負の方向の両方で挿入されることができます;


充電速度は最大5 A充電をサポートし、充電電力は100 Wまでである


伝送速度に関しては、最速は毎秒10 Gbpsである


強力な拡張機能は、外部USBデバイスを接続し、大画面モニタ、プロジェクターを接続することができます。


携帯電話のインターフェイスの統一の問題については、タイプCのインターフェイスは間違いなく最も大きいです。結局のところ、強さはすべてに明らかです!タイプCのインターフェイスはとても強力なので、なぜアップルの電話を使用しないのですか?それの背後にある真実は、あなたが明らかにするのを待っています。